読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am a slave to my passion.

食欲、物欲、独占欲、その他もろもろ。欲望は日々を生きるエネルギー(たぶん)。東京在住編集者のにっき。読書の記録なども。

相手に不満はないけれど。

結婚した年、モテ様(夫)28歳、わたくし26歳。

東京で暮らす勤め人、しかもヤクザな出版界隈の人間としては今思えば異様に早い結婚だったと思う。

ぶっちゃけ、お互い「初婚は早いほうが次行くとき考えてもいいんじゃないかね…」みたいな部分があったような気も…今思えば、する(実際に当時親に「まあ、とりあえず1度してみるなら早くても」みたいなことを言って、結婚をなんだと思ってる、と叱られて反対されました)。

 

さてさて、最近、スポーツジムで20代半ばから30代半ばの独身の女の子のお友達がたくさんできた。飲みに行くくらい親しい人まで! もちろんジム仲間なのであのレッスンが好きだきらいだって話もするけれど、女の子が複数いるとガールズトークになるわけです。しかし私の場合、学生時代の恋愛(内容も薄く実らずあまり思い出したくない部分も多数)か、夫との馴れ初め(社会人になって最初の彼=夫だったので)、のどっちかしかないので、話すネタが非常に少ないのです。27、8歳の女の子が揺れる恋心について話しているのを「かわいい♡」と聞きながら、その時ってもう、今の夫としかも今の家に住んでて、しかも私って転職もしてないから今の会社で今の仕事をしてたなーと思う。ちょっと薄味だったかも、私の20代30代。しかも子育てとかしてないし。ここ十数年で変わったのは服の趣味と髪型と体重と親の健康状態くらいのものだ。

子育ても転職も引越しもせずに20代後半からここまできちゃったのって、たぶんのんきで恵まれてることなんだと思うけれど、体力も精神力もまだタフでいられる若い頃に色々経験しておきたかったな、と、若さを生きてる年下の女の子たちのはなしを聞きながら思ったりするのです。年取ったなー。ふう。

ご無沙汰してます&小顔マッサージ。

もうすぐ消費税8%ですね。

税率アップ前に、を言い訳に春物とメイク道具を買いまくってる今日このごろです。伊勢丹暴れん坊将軍状態。

 

先日、小顔&美肌を促すマッサージというものを受けてきました。

が、受ける前から「リピートないな」と思いました。

というのは・・・

施術者さんの顔がむくんで肌荒れも若いのに酷いタイプだったからです。まあ、二日酔いとか不調なのかも、と思いました。しかしその施術者さんは「私は食べ物も気を使ってるしこのエステの化粧品を使うようになってこんなに綺麗になった、ドヤ!」みたいなことを言うわけです。これがダイエットだと「もとより●キロ痩せた」という数値表現が可能なのでで、たとえ目の前にいた人が太めだったとしても、100キロが80キロになったと言われれば、20キロ減ったのね、と納得は一応、できる。

でも、小顔とか美肌って、一目見て、いいか悪い、大きいか小さい、しかないわけで、ひっじょーにシビアなジャンル。新たな美肌スポット探しがんばろう!

 

数値といえば先日、ここ1ヶ月分の資源ゴミをまとめて捨てました。我ながらひどいと思う、ワインボトル16本。小顔とか美肌以前に、肝臓をいたわる方法を模索するべきかもしれません。

 

本日のモテ様(夫)

髪の毛を伸ばしている私。

前髪だけ思い切り短くしてふわふわロング、という、森ガール(既に死語かな。蒼井優が割と肉食系恋愛体質キャラっていうのが世間的に浸透してきたのと関係あるのかな)的スタイルを目指したりしてます。服装は全然そっちじゃないけどね。

 

で、抜け毛が多くなってきて(普通のひとの倍量と噂の私の髪の毛の大量っぷり。年齢的に薄毛で悩んでもおかしくないのに抜けても抜けても多すぎる悩みって一体…)、モテさんに

「髪の毛、切ったら?」と提案を受けた。

しかし「ごめんね、胸まで伸ばすって決めてるの。乳ライン超え!」と一蹴してやったら、とんでもない反撃がΣ(゚Д゚)

 

「あのさ、乳ライン絶賛下降中なのに、その目安はどうなの?」

 

確かに、このごろ、たまに自分のセーター姿などを鏡で見ると、20代のころ「大体このへん」って思ってた乳の位置より明らかに低いんですよ山頂部分(ささやか。もろもろのぜい肉とともに乳肉も去りぬ)が。痛いところをつかれてしまった。

髪が伸びるのが先か乳が垂れるのが先か。

とんでもない肉体上での追いかけっこが始まった!

雪のことかよ。

東京に出てきてもう20年経っちゃったけど、雪が降り始めると「うえーめんどくさい」としか思えないのは、私が結構長いあいだ札幌で暮らしていた名残ですね。

首都圏出身の同僚とかは、交通網とかもろもろ不便になるのも含めて「ちょっとくらい降ると新鮮で楽しい」的にワクワクしてるんだけど、そのリアクションの差が面白い。

 

そういえば私が好きな穂村弘の短歌に、

 

 体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ 

 

というのがあるんだけど…普通に読むと、「雪のことかよ」とぶっきらぼうに言い捨ててるけど彼女の様子が愛しくてたまらん!というツンデレ気味な恋愛の風景なんだけど、調べてみたら、これを詠んだ穂村さんは、札幌で生まれ…少年時代は神奈川県や愛知県にいたみたいだけど、北大に進学してる(途中で上智に入り直してるけれども)! というわけで、若干の雪国経験有りなんですね。それを重ねると、彼女が、自分が熱出してるのに雪がふるほど寒いことにはしゃいでる姿を見て「雪のことかよ」(これだから雪がいっぱい降るところを知らない人は…)的な、甘いんだけど、彼女と自分の育ってきた環境の違いに思いを馳せてるのかなーという深読みも成立する気がします。

 

ちなみにモテさん(神奈川生まれ東京在住)は、雨や雪は億劫がりますが、雷とか激しすぎない台風はちょっとときめくみたいです。

「私が男だったら絶対嫁(or彼女)にしてるのに!」という同性からの呼びかけについて。

東京にも雪がふるほど寒かった本日。

先ほど、取引先からバイク便で急ぎの荷物が届きました。カイロが同封されていて「帰り道にどうぞ使ってください! お疲れ様です」とメモも添えられていました。その気配りにキュンとして「うわー、こんな彼女が欲しい」と、自分が既婚女性なのを忘れて思いました。

既婚未婚問わず、仕事をしている女が忙しくなると「嫁が欲しい」とつぶやいてしまう場面は私に限らず割とある気がします。漠然と、気のつく可愛らしい女性が家を整えてくれたり仕事を手伝ってくれたらどれだけ和むだろう…裏を返せば、家事をすべて捨てたり一部はしょったりして、メイク時間を何割か減らして女子度を下げてまで仕事してる自覚はあるけどそうするしか今はない!みたいな自覚があるわけです。

そういう場面の「嫁欲しい」はいいと思う。ねこのても借りたいとか、こびとの靴屋いいなとかそんなレベルの労働者のドリームですから。

 

がしかし、女性同士で話をしていて、

女A「私ってなんでモテないんだろう。男運ないのよねー」

女B「Aちゃんいい子なのにね! 私が男だったら絶対にとっくに口説いてる(orヨメにしてる)」

的な会話だと、たちまち微妙になる気がしませんか。

これが、女Bから見てぼやいてる女Aが、女性として魅力的に見えていたら「Aちゃん出会いが少ないから」とか「Aちゃんに合いそうな男性が周りにあまりいないのでは?」と、実際の男性を想定して励ますと思うのです。

それが「私が男だったら」という大胆な仮説を立てて励ましてる時点で、Bの中には潜在的に

(確かに女同士っていう観点から見るとAちゃんはいい子だと思う。でも男性にとってのひとりの女の子として見ると、確かにあんまりモテるタイプじゃなさそうね)と、冷静にAがモテないとジャッジを下してる気がするんです。で、そのあまりにもシビアな答えを自分でも切なく思い「もし私が男だったら」というありえないたとえまでして励ましたくなるのではないか。女性的魅力に欠ける同性への上から目線感が含まれるのではないか、と思うのです。

なので、ある意味凄く失礼なものいいの気がする。

「男になった女友達」なんてありえないものからしか惚れられてないなんて、かなり悲しいし。

 

というわけで、私は、感じの良い同性を「いいな!」と思ったら、素直に「同性としてステキ」と褒めるほうが爽やかだと思うし、自分もそうしていこうと思います。

豆ご飯。

お米は好きだけど、食べ過ぎるとあっという間に太る気がして、週に2、3回しか食べていない。

※お酒はほぼ毎日飲んでるので、そっちのほうがたぶんヤバい気もするけれど…

しかし、炊くときは1、2合は炊くので、モテ様(夫)が外食などでいないときは余ります。

炊きたてのうちにラップでくるんで平らにして冷めてから冷凍庫に入れて、食べたい時にレンジであたためて、という所謂冷凍ご飯にしてますが、解凍したときに、やっぱり、美味しくない。水分のバランスが冷凍でずれちゃうのか、コメ食べてるのにモチっぽい食感になってしまう。

なので、冷凍ご飯はリゾットとかお茶漬けとか、何らかの加工をして食べるようにしてますが…

 

先日、モテさんの出張中を狙って豆ご飯を炊きました。グリンピースと塩と酒を加えて白ご飯炊くだけで夢のように美味しくなるあの豆ご飯。子供のときから私は大好きなんだけど、彼はあんまり好きじゃないというので、留守中に味わうに限るのです。

で、2合炊いて、冷凍しておいたのを…数日後の朝にレンジで温め直して食べたら…モチっとして…それがむしろ美味しいのです。おこわっぽいというか、もち米ちょっと混ぜて気をきかせた?みたいな、冷凍を経て変化したもちもちの食感がプラスに働いています。お豆のもそっとした感じとも相性よし。というわけで、豆ご飯ならまとめ炊きもできると気づいて、ちょっと嬉しい今日このごろです。グリンピースをスーパーで見つけると「また炊こうかしら」とニヤけてしまうほどに。

プチなときめき。

プチ整形、プチプラ、プチ旅行…世間に普及しているもろもろの「プチ」はいつも気になる存在。

嫁に行って15年目(!)の私も、脳内ではプチ不倫とは言わないけど、夫・モテ氏以外の男性にざわざわするくらいなことはそりゃあります。東京ガスのCMの長谷川博己とか。

実際の生活圏内においても、普通に、この人素敵だなー位のドキドキは、時々はしてます。たぶんモテさんもしているでしょう。時々どころか、割としてるかも? 彼がタクシーで20歳年下の女の子を送っていく途中(みんなで飲んだ帰りとからしい)女の子のほうから手を握られた、みたいな話を聞くと、以前だとものを投げる勢いで暴れてましたが、今は「それはドキっとしたでしょ~?」と感想を求めるくらい、プチなときめきについては落ち着いて対応できるようになりました。というか、そういうのがあるけど、家で一緒にお茶を飲んでるのは私よ、的なのがまたよかったりもするわけで。彼もそのへんを分かっているので、モテネタを絶やさないように頑張っている模様(笑)。

 

さて、つい5分ほど前にプチなときめきありました。

かなりカッコいい印刷所の営業マンに電話をかけて、ある本の入稿日の確認をしてたんですが。その本のタイトルが、恋愛漫画なので、まあ、正式なタイトルはここでは伏せますが、仮に「君が本当に好きなんだ」とでもしましょう。タイトルがまんま口説き文句、なわけです。王道ですね。

私「あの~○○先生の原稿の状況ですが」

営業さん「あ、あの件ですね、『君が本当に好きなんだ』」

はい!

お分かりですね?

電話口で口説かれたみたいで一瞬ニヤリとしちゃいました。

耳がくすぐったいというか。

そして大抵のイケメンさんは声もよくて、この彼も例外ではなく、素敵な声でタイトルをおっしゃってくださったので、残業にすさんだ心が癒されました。

プチときめき、バンザイ。

絶対この営業さんとする仕事で「お前が嫌いだ」的タイトルの本は作りたくないなーと思いつつ、仕事に戻ります。あとちょっと!